Xperia acro用のクレードル買いましたよ

| コメント(0)

DSC07235.jpg

毎日充電するのに置いておく台が欲しかったのでこれ
USBクレードル(2nd電池充電対応)
買ってみました。が、端子の位置と台のサイズに余裕がないのでカバーをつけたままだとはまんないんです。
でも毎回カバーを外したくないのでとりあえず分解してみましたよ。

DSC07197.jpg

新品の状態ではこんな感じですが、、、

DSC07204.jpg

acroにカバーを付けていると端子がはまりません。泣きそうです。

DSC07208.jpg

涙をこらえておもむろにひっくり返します。

DSC07213.jpg

底の6カ所の丸いシールを剥がすとねじが出てきます。シールは後でまた貼るので丁寧にはがします。

DSC07214.JPG

中はこんな感じになっています。写真の赤丸の部分は線が細くて作業中に切れてしまうことがあるのでテープとかで補強しておくとよいと思います。切れると自分でハンダ付けする羽目になります。というか実際に切れちゃいました(;_;)
写真下方のねじ二つをはずしてホルダー部分のパーツを取り外します。

DSC07218.jpg

ホルダー部分のパーツからUSB端子のパーツをはずしたこの部分 -O- をゴリゴリ削ってUSB端子が長く出るようにします。acroのカバーの上部が厚い場合はUSB端子が出る穴も削って端子の位置をずらします。

DSC07219.jpg

外したUSB端子をXperiaに嵌めてみるとどのくらい削ればいいかなんとなくわかります。写真のacroカバーは上部がかなり厚い製品なので上記の穴はUSB端子が抜けてしまうくらい削りました。

DSC07239.jpg

ちょうどいいところまで削れたら元通り組み立てます。USB端子が引っこ抜けるほど削った場合は接着剤で固定します。写真は失敗して接着剤をこぼしちゃってます。丁寧に作業しましょう、、、

DSC07226.jpg

接着剤が固まったら完成です。上部が厚いacroカバーだとホルダー部分に収まりきらないので向かって左側が浮いちゃってますがまぁしょうがないかなと。
電源接続したら時計が起動できるようにするようなランチャーアプリを入れるとさらに幸せになれそうです。

ちなみに使用しているカバーはこちらです。acro上部を保護できるのはよいのですがクレードルのおさまりが悪くなります。



当然ですがクレードルの保証は効かなくなるし下手するとハンダ付けする羽目になるので自信がない場合はおとなしくカバーを外して使いましょう。




コメントする

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.0.3

検索

カスタム検索

スポンサードリンク

このブログ記事について

このページは、まさが2011年9月25日 03:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「火祭りに参加してきましたよ」です。

次のブログ記事は「また走行不能に、、、」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。